AF201A

STUDIO INTERFACE

[カレントストアで購入][セレクションガイド][システムダイヤグラム][カタログ]

●スタジオのコミュニケーションを統括
●トークバックボックス (TB961/G、TB963/G)
●2台のカフボックス対応 (AF124/T)
●フェーダー・スタート・ストップオプション
●2系統のコントロールルームモニター制御
●O2R96、DM1000/2000、O1V96、O3Dなどに対応

 AF201AはデジタルコンソールO2R96、DM1000/2000、O1V96、O3D等を使用したスタジオのために、コンソール単体では不可能な、しかしこれらのスタジオには必要不可欠な機能を付加するために開発されたコミュニケーションを統括するスタジオインターフェースです。AF201Aを使用することで、2系統のカフ制御、トークバック・バックトーク制御、CUE、フェーダースタート・ストップ、2系統のCRモニターの切換等を可能にします。

◆カフ・コントロール
 AF201Aは各コンソールとシリアル接続することで、カフ操作でコンソールのチャンネルをON/OFFすることができます。カフは2台接続可能で、それらをフェーダー1〜16の任意のchヘアサインすることができます。(出荷時には1と2に設定)O3D、O2R96、DM1000/2000ではコントロールチェンジテーブルの編集によりムービングフェーダーやパンポットへアサインすることもできます。

◆コミュニケーション
 CRとブースとのコミュニケーション用としてTB及びRTB(バックトーク)を備え、いずれかがONの場合にはHPモニター、SLS及びCRモニターにDIMがかかりコミュニケーションを妨げません。また、TB、RTBレベルはフロントパネルで設定できます。なお、SLS(スタジオモニター)はRTBとカフON時にはカットされます。また、TBボックスはGPIポートにも接続出来ます。

◆フェーダースタート
 AF201Aはコンソールとシリアル接続した場合には4台分のフェーダースタートストップが可能で、対応するフェーダーはフロントパネルのディップスイッチで変更することもできます。フェーダースタートのみの設定にした場合には8台分の設定が可能で、出力1-4は17/18、19/20、21/22、23/24のフェーダー固定で、出力5-8は1-16の任意のフェーダーをアサインできます。(O2R96/DM2000ではバスフェーダー部分は17、19、21、23に対応します。)チャンネルがOFFの状態でフェーダーを上げておいてONにしたときにコマンドを出力してカットインすることも出来ます。(ONからOFFの場合にはストップを出力しません。)また、カフコントロールと同様にコントロールチェンジテーブルを編集することで別の機能を割り当てることもできます。このときにはデフォルトの動作は保証されませんのでご注意下さい。

■ 仕 様
•AUDIO INPUTS: D15-F(#4-40), 24kΩ, Ref=+4dBu, Max=+24dBu
•AUDIO OUTPUTS: D25-M(#4-40), 50Ω, Ref=+4dBu, Max=+24dBu
•FRONT PANEL CONTROL: TB & RTB LEVEL, mode set
•FREQ. RESP. : 20~20kHz ±0.1dB
•THD: < 0.01% at 1kHz, @REF
•TB963, AF124 CONNECTOR: D15-F(#4-40)
•FAD. S/S CONNECTOR: D15-M(#4-40)
•FAD. S/S I/F: ONE-SHOT RELAY MAKE CONTACT(MAX=100mA)
•RS422 CONNECTOR: D9-F(#4-40)
•GPI CONNECTOR: D15-F(#4-40)
•MAINS: 100VAC 50/60Hz, MAX 15W
•DIMENSIONS: 482Wx44Hx303D,4kg

カフユニット:AF124
カフインターフェース:AF204
トークバックボックス(2ボタン):TB961
トークバックボックス(3ボタン):TB963

旧バージョンAF201の資料はこちら

  AUDIO IN D15-F(#4-40)
01 MON L+        09 MON L-
02 GND           10 MON R+
03 MON R-        11 GND
04 CR L+         12 CR L-
05 GND           13 CR R+
06 CR R-         14 GND
07               15
08 GND
  AUDIO OUT D25-M(#4-40)
01 SLS L+        14 SLS L-
02 GND           15 SLS R+
03 SLS R-        16 GND
04 CR 1L+        17 CR 1L-
05 GND           18 CR 1R+
06 CR 1R-        19 GND
07 CR 2L+        20 CR 2L+
08 GND           21 CR 2R+
09 CR 2R-        22 GND
10 RTB+          23 RTB-
11 GND           24
12               25 GND
13
TALKBACK BOX D15-F(#4-40)
01               09
02 +15V          10 0V
03 TB SW         11
04 CUE SW        12
05 MINI SW       13
06               14
07 MIC +5V       15 MIC SIG
08 MIC GND
   AF124 D15-F (#4-40)
01 MON L+        09 MON L-
02 MON R+        10 MON R-
03 S-CUE         11 S-RTB
04 Y-FU1         12 Y-FU2
05 L-MIC1+       13 L-MIC1-
06 L-MIC2+       14 L-MIC2-
07 +15V          15 0V
08 -15V
     GPI D15-F (#4-40)
01 FU1 TLY       09 FU2 TLY
02 +15V          10 0V
03 TB CMD        11 TB TLY
04 CUE CMD       12 CUE TLY
05 MINI CMD      13 MINI TLY
06               14 RTB TLY
07 MIC +5V       15 MIC SIG
08 MIC GND
 FADER S/S D15-M (#4-40)
01 COM1          09 START1
02 STOP1         10 COM2
03 START2        11 STOP2
04 COM3          12 START3
05 STOP3         13 COM4
06 START4        14 STOP4
07 +5V           15 0V
08
   RS422 D9-F (#4-40)
01 GND           06 RX GND
02 RX+           07 RX-
03 TX-           08 TX+
04 TX GND        09 GND
05



FAQ

AF201に3台のAF124を接続するには?
3本のマイクをカフ制御するためにAF124を3台接続してコンソールのインサートポイントにAF204を2台接続してシステム構築するための参考資料を作りました。

AF201に接続したAF124で2本のフェーダーをコントロールするには?
AF124コネクタのY-FU1、Y-FU2をパラに接続します。AF124の1台用のケーブルではAF124からのカフ信号はピン4に接続されていますが、これとピン12を接続すればFU1,2で設定したチャンネルを1台のAF124でコントロールできます。

AF205Aの接続方法は?
AF124のリヤパネルのコネクタから信号は出力されますので、市販の電話用モジュラーケーブルで接続してください。トークバックボックスTB961などへ接続する場合には下写真のようなYケーブルを使用して信号を引き出します。

AF201のDM1000, 2000, O2R96, O1V96への対応は?
O2R対応版と基本仕様は同じですのでソフトウェアアップデートだけで既存のケーブル等はそのままご使用いただけます。一部の機種ではHOSTポートの代わりにMIDIポートを使用する必要がありますのでケーブルの変更が必要になります。
アップデート資料

AF201用接続ケーブルの長さは?
標準在庫しているケーブルはAF124が10m、TB961/963用が5m、O2R/DA7用が5mです。これ以外の長さの場合には別途製作いたします。

AF201にトークバックボックスTB961/963を2台接続するには?
2台程度までは単純にパラに接続して問題ありません。フラットケーブルでYケーブルを作るかパラボックスを使用して下さい。Yケーブルはご要望があれば製作もいたします。AF201Aは増設されたGPIポートに接続することも出来ます。

AF201でCRモニター切換をするには?
CRモニター切換の必要がない場合にはTB961を使用できます。ミキサー用にはTB963、ディレクター用にはTB961を使用するのが一般的です。スピーカー切り換えスイッチはロック式のたTB963を2台パラ接続した場合にはどちらかでミニスピーカーに切り換えていると他方でそれを解除できません。

AF201でブースを切り換えたい場合は?
2つのコントロールルームで1つのブースを切り換えて使用したい場合にはシステムスイッチャーのGPS711を使用できます。また、1つのコントロールルームで2つのブースを切り換えたい場合でもGPS711で切り換えできます。

AF201とO2R、DA7との接続方法は?
O2Rの場合にはToHost端子(ミニDIN8P)と接続します。DA7の場合には3通りの接続方法があり、標準はRS端子(Dsub9P)と接続します。その以外の方法ではPC端子(ミニDIN8P)、MIDI端子を使用できます。RS端子とPC端子は同時使用は出来ませんが接続しておくことは可能で、MIDIセットアップ画面で切り換えられます。また、RS使用時にはMIDIとの併用も可能です。シリアル接続をした場合にはカフ制御とフェーダースタート、ストップ(オプション)が可能になります。

AF201とO2R、O2R96、DM1000/2000、DA7以外のコンソールとの接続方法は?
シリアル接続できないコンソールの場合には、一般的にチャンネルインサーションを利用してカフを接続します。このためのインターフェースとしてAF125、AF129、AF204を使用できます。また、カフでコントロール可能なマイクプリアンプCSP168も使用できます。コンソールによっては外部からチャンネルミュートコントロールが出来たり(スチューダー961等)、VCAをコントロール出来たりするものもあります。SSL-4000シリーズではCIF800でVCAグループをコントロールできます。また、カフ単体でAF201と同様の機能を備えたAF224を使用すると、AF224自身に内蔵されたマイクプリアンプを制御するため、接続するコンソールを選びません。トークバックボックスも接続できるのでAF201を使用しないでコミュニケーションシステムを構築できます。しかし、コントロールルームモニターの制御機能を持たないため、TB、RTB時にDIMをかけることが出来ません。この場合にはAF224から出力されるTB、RTBタリーでCRモニターを制御する必要があります。

• Order Information

御注文型番 備考 価格(+TAX)
AF201A コミュニケーションシステム、19”1U ¥298,000
AF201-FAD フェーダースタートオプション ¥48,000
AF201-UP O2R版からのアップデート ¥64,000
AF124 カフユニット、タッチスイッチ、フェーダ、HP、EP ¥198,000
AF124T カフユニット、タッチスイッチ、Tバー、HP、EP ¥298,000
TB961 TBボックス、2ボタン ¥64,000
TB963 TBボックス、3ボタン ¥68,000
TB961G TBボックス、2ボタン、グースネック15cm ¥98,000
TB963G TBボックス、3ボタン、グースネック15cm ¥99,000
TB961G30 TBボックス、2ボタン、グースネック30cm ¥104,000
TB963G30 TBボックス、3ボタン、グースネック30cm ¥104,000
AF205A 前面表示、CUEランプ ¥32,000
AF206 上面表示、CUEランプ ¥36,000
AF201-124-20 AF124ケーブル 20m ¥55,000
AF201-124P AF124パラケーブル 50cm ¥5,000
AF201-124 AF124ケーブル 10m(標準) ¥45,000
AF201-963 TB961/963ケーブル 5m(標準) ¥32,000
AF201-963-10 TB961/963ケーブル 10m ¥40,000
AF201-963P TB961/963パラケーブル 50cm ¥5,000
AF201-D9K シリアルケーブル 5m Dsub9 (DM1000) ¥24,000
AF201-DIN シリアルケーブル 5m mini-DIN (DM2000/O2R96) ¥24,000
AF201-M シリアルケーブル 5m MIDI (DM2000/DM1000/O2R96/O3D) ¥24,000
Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,
products
  • 新製品
総合カタログ
価格はpdfカタログに記載されています。なお、pdfファイルの内容は随時更新されますので印刷物よりも優先します。
お問い合わせ
drill-down by tags